たわだリハビリクリニック

WEB予約 052-302-3001

ボイタ法

ボイタ法とは

この治療法は小児神経学者のボイタ教授が、脳性麻痺センターで実際に治療を行う中で見いだされ、10年以上の歳月のなか体系化した治療法です。
治療の実際は反射性寝返り運動(仰向け・横向け)と反射性腹這い運動(うつ向け)の3つの決められた姿勢を取り、治療者が誘発帯という決められた部位を刺激することで協調した筋活動(運動)を引き出します。
治療の仕方を家族の方に覚えて頂き1日4回、1回は15分位行うことで協調した運動を学習していきます。
1人1人の状況で回数や時間は異なりますが、乳幼児期の発達が大きい時期はできるだけ決められた4回行う方がよいでしょう。
大きくなったら2次障害の予防や、生活の基盤となる体調を整えたり、姿勢の安定や動きやすさのためにも行います。
自主訓練としてご本人が出発姿勢をとることも良いです。

何をしているの?

ボイタ法は発達運動学的アプローチともいわれます。
生まれたばかりの赤ちゃんの体はぐにゃぐにゃで、姿勢を保ったり姿勢を変えることができません。
1年から1年半の間に、寝返り、座って、這い這いし、立ち上がって、歩けるようになります。
私たちの動作や姿勢は生まれて1年で獲得するこの機能を土台に成り立っています。
運動発達を「○ヶ月で首が座る」「○ヶ月で這い這いが出来る」といった量で見るのではなく(マイルストーンと言います)、一つ一つの運動機能を獲得し次の機能につながるためには、どういった筋肉の働きが必要なのかという運動の質を細かく観察し、発達を踏まえたうえで運動学的に分析することを発達運動学と言います。
ボイタの治療では、正常運動発達に見られる筋活動と類似した反応を、本人の意思や目的と関係なく反射性に引き出そうとするものです。
だから赤ちゃんから大人まで適応できるのです。
訓練以外の時間は意欲的に遊んだり、生活することもとても大切です。
それは訓練で学習した筋肉の働き方や運動を、実際に繰り返し使うことで身に着くからです。

ボバース法(ボバース概念)とは

ボバース概念は最新の神経生理学や発達などの知識を基に展開される治療概念(方法ではありません)の1つです。
子どもたちの障害やとりまく環境は様々であり、1人の子どもで考えてみてもリハビリを行う理由や目標も年齢によって変化します。
ボバース概念によるアプローチは、医師の指示の下にリハビリのなかでより豊かな生活に向けての準備や練習・装具の処方などにより、医師をはじめ理学・作業・言語療法士、義肢装具士、看護師などがそれぞれの専門性を発揮し、子どもやご家族の様々なニーズにお応えし、障害を持った子どもや大人が最大限の力を発揮できるように援助していくものです。

赤ちゃん~乳幼児期

子どもが発達をしていく上で必要な上手に遊ぶコツや楽しく遊ぶコツを練習して、元気に成長していく基礎的な能力の獲得や発達の援助をしていきます。

前学童期~学童期

子どもたちの発達段階に応じて、より生活に関連の深い具体的な目標を設定し、達成するために必要な能力の獲得や装具の処方などにより、園や学校での生活が楽しくスムーズになるように援助していきます。
また成長に伴う変形に対しても予防・対処していきます。

学童期以降

これから大人になり多忙になる子どもと親御さんやご家族に対して、障害とうまく付き合っていける方法や知識などを診察やリハビリを通してお伝えしていきます。
成長に伴い変形や固さや痛みなどが出現し、自由な生活に制限を感じられるときがあります。
このような2次障害と言われる問題に対しても対処し、満足した人生が送られるように援助していきます。

脳卒中など、大人になってから障害を持った方のために

ボバース概念によるリハビリテーションを中心にした治療は、脳卒中によって障害をもたれた方たちにも広く行われている治療の考え方の1つです。患者さんの趣味など人生をよりよく過ごされるために必要な能力や、直面している日常生活動作の問題を改善するための援助を行います。
治療の考え方の中に「バランスの改善」があるため、積極的に麻痺した手足の治療にも取り組んでいきます。

診療内容

  • 	小児リハビリテーション科
  • 足と靴・インソール外来
  • 小児整形外科
  • 一般整形外科
  • リハビリテーション科
  • 乳幼児・子ども運動発達相談
  • 巻き爪治療
  • プラセンタ

当院におけるリハビリテーション

  • 理学療法
  • 作業療法
  • 音楽療法
採用情報
来院者の多い疾患

たわだリハビリクリニック

〒455-0885 愛知県名古屋市港区八百島2-605

《休診日》水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

診療時間
9:00 - 11:30 ●/◎ ●/◎ ▲/◎
15:00 - 18:00 ●/◎ ●/◎ ●/◎

▲土曜日は12:30まで
◎小児リハビリテーション診察・運動発達相談 (要予約)
 月曜午前・午後、火曜午後、水曜午前、金曜午前・午後、土曜午前

page top